ベトナム人専用 日本語会話力アップ教材

なぜ、今まで無かったのか?

ベトナム人専門の日本語での会話力の向上に特化したオンライントレーニング教材がいよいよ登場です。ハノイの送り出し機関、日本語センターを訪問して実際に日本語を学んでいる研修生にトレーニングしていただきました。

今回の訪問で当教材に対する自信が確信に変わりました。

研修生にとって今まで体験したことが無かったトレーニング方法のため、生徒は挙手してチャレンジするもできない自分に悔しがったり、できた自分には褒めて欲しいオーラ全開だったり、帰り際には日本語教師からこの教材は置いていって欲しいと言われたり、また日本語教育(特に会話力)に熱心な社長様は、ベトナム人の日本語教師にも当教材を使いなさいとその場で指示をされている光景が1社、2社ではなかったことが本当に凄い教材なんだと改めて気づかされました。

当教材の特徴

①日本語が上手に話せるベトナム人スタッフほど当教材の評価が抜群に高い

おそらくご自身が外国語習得において苦労された点や、会話力について本当に必要な学習方法が自然に当教材とリンクしたのではないかと思います。

②勉強が苦手な研修生でも、やる気にさせる仕組みが搭載

研修生のみんなが勉強が好きで得意なわけではありません(当然ですよね)。もちろん苦手な人もたくさんいらっしゃいます。しかし、(私が聞いた話ですが)ベトナム人はできることは周りにアピールしたい性格の方が多いとのことで、競争意識を自然に高める仕組みが搭載されているので、個々人が自分の時間でトレーニングすることはもちろんのこと、団体でトレーニング結果を確かめ合うなど活用方法は限定されません。

③会話力アップに特化するあまり、驚くほど地味

イラストや映像があって、楽しく接するように構成された教科書・参考書・その他e-learningなどの「勉強」教材ではありません。あくまで日本語発話に必要な口の周りの筋肉を鍛え、ベトナム語を聞いて即座に日本語で答える(頭の中で文法を作る時間も与えない)反射感度を鍛えるスパルタ式の「トレーニング」教材なので、不必要な機能はありません。その代わり、見本となる日本語・ベトナム語にはアナウンサー出身者、TV/舞台など発話に厳格な世界で活躍する人選で収録しクオリティを高めております。ただし、見た目は地味です。

とにかく

技能実習生、特定技能の方たちに最適です。

当教材の最も低いレベル(LV!0)は、外国人が日本語の教科書として扱っている「みんなの日本語」を例にすると、第10課まで勉強できていると最適です。語彙量・分量もN5、N4とほぼ等しいです。

センテンス量も約3,000とかなりのボリュームです。日本人は外国人には日本語力をかなり求めます。N2・N1資格取得者でも会話力がなければ評価が下がります(かわいそう)。漢字圏ではないベトナム人からするとN2でもかなり凄いのに・・・。ですが、そんな会話力に自信のないN2、N1のベトナム人もご安心ください。レベルは大きく分けて4段階に分けており、そのレベル内に数多くのセクションで小分けにしていますので、十分に活用できます。

特許取得済み、東京都中小企業振興公社の評価事業です。

開発元のH&K合同会社は、元々スパルタ式英会話(LAT)を開発しており、当教材はその技術を活用しております。また、LATは東京都中小企業振興公社より語学教材として初めて未来に繋がる評価事業としての評価を得ていますので、使って安心の教材となっております。

なにわともあれ、教材の詳しい情報はこちらになります。

「超スピーキング特化 日本語レッスン」日本語版ページ

「超スピーキング特化 日本語レッスン」ベトナム語版ページ

実際にトレーニングしている様子の動画もあるので、是非ご覧ください。