コミュニケーションチェックシート

外国人材を雇用している企業において、日々のコミュニケーションは非常に大切です。

 

日本人同士だと何気ない会話でも、外国人との会話においては注意が必要です。 伝えたつもりが伝わっていない。何度も言っているが伝わっていない。 これは伝える側の意識の違いによって大きく変わってきます。 

ほんの少しの心遣いと工夫によって、外国人材とのコミュニケーション齟齬は解消されます。 また日本語での会話力が低い人材に対しては特に注意と工夫が必要です。 疑問点や不明点を質問することができない人とって、明確な日本人側の指示・説明が命綱となります。

 

技能実習生や特定技能といった在留資格の外国人材は日本語での会話力が低いです。にもかかわらず雇用機会はますます増えつつあります。今後は日本語でコミュニケーションが取りづらい状況が一般的になりつつあることも想定される中で、雇用者側では伝える力・工夫が必要となってきます。 

 

日々の外国人材とのコミュニケーションにおいて、 注意すべき項目を 以下に列挙しております。ご自身ができているかどうかチェックしてみてください。 

いかがでしたでしょうか? 定期的に日本人スタッフにチェックしてもらうのもいいかもしれませんね。 

日本人、外国人がともに話がしやすい環境作りが基盤にあると、日本語での会話力の向上がしやすい環境になります。もちろん外国人材本人の毎日の発声トレーニングする努力は必要です。 

ベトナム人を雇用している企業様は、こちらの日本語トレーニングを活用ください。 日本人管理者にとっても、外国人材を「チームメイト」として受け入れるマインドを無理なく形成できる仕組みが組み込まれています。